事業再生コンサルティング

事業再生コンサルティング(consulting・business-revitalization)

事業再生と一言で言っても、企業の置かれた状況は様々です。

多額の債務を負い、とても自力再生できないという場合には、弁護士事務所の仕事として破産手続、民事再生手続を取ることをお勧めしますが、そこまで状況が悪化していない場合には、自力再生の道をトライすることをお勧めしています。
自力再生という言葉は美しいですが、それを実行していくとなると破産手続をとるよりも厳しい決断に迫られます。
思い入れのある事業が不採算であれば、そこから撤退する、長年一緒に仕事をしてきた社員を削減する、社員の生活の糧である給与を減額する、長年取引をしてきた仕入れ先に無理を言って原材料費を削減する、固定費を削減する等々、社員や仕入れ先、取引先に多大な迷惑をかけることになるのです。
資金の出し手である銀行とも厳しい交渉を重ねなくてはなりません。銀行は、「雨の日に傘を取り上げ、晴れの日に傘を貸す」と言われます。
実際に、その通りで、再生の局面では融資を引き揚げようとしてきます。
銀行の冷たい態度に怒ったら負け、じっとこらえて、銀行の担当者を煙に巻いて、のらりくらりと時間を稼ぎ、その間にキャッシュを生み出せるように事業を立て直さなければなりません。

こうした厳しい経験は、経営者にとって初めての出来事なので、何をどのように行ったらうまく行くのか皆目見当がつきません。
その結果、打つ手が遅くなる、中途半端なものになる、怒った勢いで取引銀行や取引先と喧嘩をしてしまう、自暴自棄になって再生を投げ出してしまう等々、大きな失策を犯し勝ちです。
こうした過ちを犯さず、一歩一歩地道に事業を改革し、実績を積み上げていくことが必要になります。